0→1,000社を最短距離で開拓する法人営業
年間社長アポイント約400件
約150社の新規契約を6年連続で継続しているノウハウ


ゼロセン法人営業の9ステップを解説します

もしあなたが、法人営業が上手くいっているなら、このページを読む必要はありません。
時間の無駄なのですぐさま閉じてください。法人営業が上手くいかないのはシンプルな原因があります。

その原因とは、、、

決裁者(社長)に直接営業できてない

「ウチは商品に自信があるから、担当者に会えれば稟議で通るからいいんじゃない?」

そう思われる方も多いでしょう。私もそれは否定しません。

ですが、もし「決裁者」と「担当者」どちらに営業したいですか?
と聞かれたら「担当者」と答える人はいないですよね。

一般的な法人営業は会うまでも長いですが、会ってから契約までの期間も長いです。

特にコロナの影響で商談がストップしている方が多いのではないでしょうか?
ストップした本質的な原因はコロナではなく、営業した相手が原因です。

法人営業で成果を出したいのであれば決裁者(社長)への直接営業が必要です。

こんにちは。

株式会社OfficeTvの藤原智浩と申します。

私はこれまで、システム会社の事業責任者として、
金なし・コネなし・実績なし


の状態から2年間の試行錯誤を経て

  • 年間社長アポ約400件
  • 年間新規契約150社
  • 年間紹介契約30社

を営業5名体制で6年連続で継続しています。
私個人は営業未経験から社長面談1,000件、契約200社を経験しています。

商品開発、リスト収集、ランディングページ、Web広告、MA/SFA/CRMツール、営業管理マネジメント、テレアポ、商談ロールプレイ、営業研修…
法人営業はやることが多岐にわたります

集客・アポ・商談の3つが法人の新規開拓営業の3大テーマです。
では、どうやって継続して結果を出しているのか?

答え:社長アプローチをしている

金なし・コネなし・実績なしの状態から、法人営業で継続して成果を出すために最も重要なのは【社長アプローチをすること】


上記のグラフは営業5名体制でクラウドシステムを販売していたときの数字です。
2年間の試行錯誤を経て、仕組みが出来上がりました。
結果、年間平均の社長アポは400件、新規開拓は150社。
それを6年連続でやってきました。

あなたが担当者を飛び越える仕組みを作ることで、
効率的に法人営業ができるようになります。

あなたの会社は再現性のある 「法人営業の仕組み」はお持ちでしょうか?
行き当たりばったりの営業スタイルでは、
社員も社長も疲弊してしまいます。

1度、仕組みを作るまでは大変ですが、
仕組みさえできればあとは継続するだけです。

色々悩みがあるかと思いますが、法人営業を一からやろうと思うと、何から手をつけていいかわかりません・・・

今までのやり方のどこを変えればいいのか効果検証する時間はありません。

このセミナーならどうやって社長アプローチをしているのかが学べます
セミナーの一部をお伝えすると・・・

8年間試行錯誤し結果が出ている方法を法人営業の9ステップとして解説します。
あなたの業績アップに貢献できれば幸いです。

講座概要

タイトル 最短距離で0から1,000社を新規開拓する法人営業の仕組み
時間 1時間
会費 WEB視聴で5,000円→0円

お申し込みはこちらから